『ぱんつぁー・ふぉー2』をプレイしてみた!(リプレイ)

0

     

     この間、ゲームマーケットにて入手した、『ぱんつぁー・ふぉー2』(国際通信社)をソロプレイしました。

    カードアクションがあるのでソロプレイに不向きですが、そこは良識的な判断で。

     

     ちなみに、わたし、ガルパンは観たことありませんでした。

     

     ゲームマーケットでシュミレーションボードウォーゲームを漁ってたときに見つけ、ただのキャラゲーじゃなくちゃんとしたウォーゲームっぽかったので購入を決めました。

     

     前作の『ぱんつぁー・ふぉー』は人気とのことで、今は入手出来ないようですね。(4月末に再販するようです)

     

     それはさておき、『ぱんつぁー・ふぉー2』をガルパンを知らないままなんどかプレイした後、戦術やらイメージが湧きやすいように後から劇場版を観るという本来とは逆のパターンになりました。

     ※『ぱんつぁー・ふぉー2』は、ガルパンの劇場版の闘いをテーマにしています。(選抜チームとの闘い 丘陵戦から遊園地戦まで)

     

     何度もプレイすることになったのは、なんどもルールを間違えたからでした (´-﹏-`;)

     

     後、今回のリプレイでは、自作ルールを追加しています。

     遊園地戦で発覚したのですが、敵が居るエリアから隣接エリアに移動するときに特に何も制約がないため、敵が自分の居るエリアに入って来たら次の自分のアクション時に隣のエリアへ無傷で逃げれるため、不利な方のチームは永久に逃げ回る事が出来ます。

     これではゲームにならないため、敵の居るエリアからの移動時に臨機射撃を受ける様に追加しました。

     

    <<自作ルール詳細>>-------------------------------------------------------------------------

    追撃ルール

     敵の居るエリアから隣接エリアへ移動する際、敵から臨機射撃を受ける可能性がある。

     

     臨機射撃を受ける条件:

      敵の居るエリアから移動する事で、そのエリアに味方が居なくなる場合のみ。

      味方の車両が1両でも残っていれば臨機射撃を受ける事はない。

     

     臨機射撃の条件を満たすとき、敵側は追撃する小隊を1つ選択し、臨機射撃の目標となる小隊を選択します。目標とならなかった小隊は無傷で移動します。追撃側の移動力と目標となった小隊の移動力を比較し、目標となった小隊の移動力の方が速い場合は追撃に失敗します。(無傷で隣接エリアへの移動が完了します)同じ移動力もしくは遅い場合は臨機射撃が行われます。

     

     選択ルールの「行動不能」を採用している場合、この追撃による臨機射撃で行動不能になった車両は移動できず小隊から脱落しコマを裏返して置きます。

    -----------------------------------------------------------------------------------------------------

     

    以上の自作ルールを採用して、キャンペンゲームのリプレイを開始します。

    まずは前半戦、「丘陵地帯」から

     

    ぱんつぁー・ふぉー!!

     

    <大洗女子学園チーム>

     序盤に203高地(笑)を選抜チームに取られるとカールが現れてボコボコになるため、まず初めにひまわり中隊(西住まほとカチューシャ)に高地の奪取に向かわせる。

     

    <選抜チーム>

     カールが撃破されると即、この丘陵地帯戦では敗北するので、(キャンペンゲームだと後の遊園地戦が全てで、ここでの闘いで選抜チームが負けても痛手はそんなにありません。遊園地戦は大洗チームの方が有利かもしれないのでここで大洗チームの車両を多数撃破しておくのがいいとは思います。まあ、ここで選抜チームが勝つと後半の遊園地戦は無くなって即勝利確定なのですが)カールを守るための戦術を取ります。カールの出現は1,2の二箇所可能性があるのですが、2の出現位置だとまずカールを守れない地図になっています。したがってここでの戦術は、1の出現位置にカールが出ると想定してそこを全力で守るです。また、いつでも高地の隣に来れる様に陣取りをします。これは選抜チームが高地を取りに来ないとなると大洗チームのひまわり中隊が自由に動き回れるので厄介になります。高地を牽制して大洗チーム最強のひまわり中隊を高地に釘付けにする戦術が最善だと思います。

     

    ※高地へ向かうひまわり中隊と、左側の森林地帯を目指す島田愛里寿中隊

     

    ※高地に到着するひまわり中隊と距離を開けて高地を牽制する島田中隊

     

    ※右側の森林を目指して、たんぽぽ中隊が進む。それに呼応して選抜チームはルミ中隊を南下。

     

     カールが出現すると森林以外にいる車両は砲撃の対象になるので、大洗チームは急ぎ森林へ向かわないといけません。カールの砲撃を受けるとそのエリア内にいるすべての車両が火力7で側面に砲撃を受けます。それは下手をすれば全滅するだけの威力があります。

     したがってそれを避けるため、カールが出現する前に全車両を森林に入れなければなりません。

     

     大洗チームのみカードを引くことができ、そのカードアクションは強力なのですが、そのカードの中にカール出現カードもあるため、序盤に軽々しくカードを引けないようになっています。

     カードを引くタイミングは、全車両が森林に入った後がベストなのです。

     

    ※足並みを揃えるため、あさがお中隊も前進。左側森林へ向かう。ルミ中隊はさらに南下。

     

    ※戦力の弱いあさがお中隊補強すべくキングタイガーの小隊を増援。ルミ中隊はさらに南下。

     

    ※右の森林に入ったたんぽぽ中隊を押さえるべく、ルミ中隊が更に南下。

     

    ※選抜チームは1小隊をたんぽぽ中隊に向けて突撃を慣行。西住みほの小隊が迎え撃つも一進一退の膠着状態が続く。

     

    ※あさがお中隊は左の森林に侵入。ルミ中隊は右の森林へ突撃をかけたんぽぽ中隊の壊滅を図る。

     

    ※激戦のなか、ダージリン小隊のB1-bis,Matilda II,P Tigerが撃破される。

     

    ※残り1両となったダージリン小隊を逃がすため、西住みほ小隊と89式が残って撤退を援護。(自作追加ルール適用)

     続くルミ小隊の砲撃によりアンチョビ搭乗のCV33,クルセーダーが撃破、3式は行動不能になった。西住大隊長ピンチ!

     ※後でルール間違いに気が付きました。ルールは覚えていたのですが、このとき頭から抜けていました。89式が単独小隊で居るので大隊長の西住みほが攻撃されることはありません。本来ならここは、89式が攻撃されて撃破されていると思われます。

     

    ※西住大隊長を逃がすため89式が踏み留まり……敢え無く撃破される。

     ※上記のとおりルール間違いを訂正した場合、本来ここでは西住みほ小隊のみとなっているはずなので、追撃を受けて上記の損害が出たと考えれば辻褄は合うかな^^;

     

     大洗チームはその右翼が完全に壊滅状態に。

     事態を打開すべく西住大隊長は、山頂にひまわり中隊が残ったまま(山頂に戦力を置いておかないと選抜チームに占領されてカールが出現するので動けない)カードを引く決断をする。

     

     そして、効果的なカードを手にする前に

     

     「カール発見!」

     

     数枚目で「カール発見!」カードを引いてしまう最悪の結果に。

     カールの出現位置はサイコロの結果、地域2に。

     

     そして山頂に居るひまわり中隊にカールの砲撃が降り注ぐ。

     カールの砲撃により、三号突撃砲、T34/85、ヘッツァー、パンサー2両、西住まほ搭乗のタイガーIの6両が撃破された。

     T34/85が1両とカチューシャ搭乗のIS-2が辛うじて難を逃れた。

     

     山頂に居ては危険な為、カチューシャの小隊は山を降る。そしてルミ中隊へ突撃を慣行する。

     

     ルミ中隊の砲撃で、T34/85が撃破され、カチューシャ小隊も1両となってしまう。

     

     一方、たんぽぽ中隊は、カール出現に伴いカール守備隊の砲撃対象となってしまう。

     ミカ搭乗のBT42が撃破され……たと思いきや、履帯が外れてさらに強力になったw

     

     たんぽぽ中隊は、カール守備隊の砲撃から逃れるため、カールの隣のエリアからの脱出を図る。

     

     右翼が完全に崩壊状態の大洗チームは、アクションカードの「連続移動」を使い、左の森林から、キングタイガーの小隊を呼び寄せカチューシャ小隊と合流。

     ※「連続移動」は二回連続で移動できるため、平野を横切って森林にたどり着ける。これでカールの砲撃を受けずに済むのだ!

     選抜チームは、大洗チームのどんぐり小隊編成を阻止するためたんぽぽ中隊の殲滅を図る。

     カチューシャ頼みとなった大洗チームは持てるアクションカードを駆使する。

     「対決」のカードを使用。カチューシャ搭乗のIS-2とルミ搭乗のM26との一騎打ちに持ち込みこれを撃破!!

     そして残りの2両も次々に撃破する。(カチューシャつえええ)

     

     カチューシャ小隊を足止めするためにカールの手前を守っていたM26二両を差し向け、島田大隊長は左の森林地帯を抜けて右の森林地帯へ向かう。

     

     カチューシャはここでの闘いを避け、来たるべくどんぐり小隊の編成へ向けてカールの隣接エリアへ移動する。

     ところがその際の臨機射撃において、KV-2が撃破、キングタイガーが行動不能で取り残される。

     カールの隣接エリアにたどり着けたのはカチューシャのみとなった。

     

     カチューシャを追って殺到する島田中隊。

     ※ルールには明記されていませんが、行動不能になっている車両は復帰するまでの間は撃破と同じ扱いとします。それにより、敵の行動不能車両のみと同じエリアに居る場合は敵の居るエリアに移動できることとします。

      (通常は敵と同じエリアにいる場合、そこから敵の居るエリアには移動できません)

     

     カードにて「どんぐり小隊」を手にいれた大洗チーム。しかし、カールの隣接エリアに居るのはカチューシャの1両のみ。

     1両だと、どんぐり小隊の4両の攻撃力すべてを合算してカールに砲撃する効果の意味がなくなるため、どんぐり小隊をたんぽぽ中隊の残り車両にしようと北上する。

     ミカの援護でダージリンと西住みほは無傷で北上に成功するも、直後のカール守備隊の隣接砲撃にて西住みほ搭乗のPzIV Hが撃破されてしまう。

     (主人公がこんなところで脱落するとは……)

     ※ここも同様にルール間違い。大隊長車は標的にならないため、ここではダージリンが攻撃されます。チャーチルは装甲が硬いからここでチャーチルが破壊されるかどうか難しいところ。

     

     もはやこれまで。大洗女子学園の廃校は確定か……と投了を考えましたが、カチューシャに怒られましたw

     ならば後は全てカチューシャに任せる。どうせ負けるんだったら一か八かの勝負だ。

     

     どんぐり小隊のカードをカチューシャの1両のみに適用。(火力的な効果はなし)

     即カールの居るエリアに移動して砲撃!!(うりゃああああ)※カードの効能で無条件でカールエリアに移動できます。

     

     IS-2の火力 9 + カチューシャの攻撃修正 + 1 合計攻撃力 = 10 

       カールの防御力 18

       サイコロ2D6で、8以上なら撃破。

     

     結果 7 

     

     おーーーーーまいがーーーーーーー

     

     続くカール守備隊の臨機射撃にカチューシャは耐えきる。(IS-2つえええ)

     

     ここで、選抜チームは思案する。

     このままカール守備隊でカチューシャの撃破を目指すか? 島田愛里寿のセンチュリオンで撃破できる可能性を少しでも上げるか?

     

     IS-2は装甲が硬い。

     正面装甲 22 なので、M26の火力 8 だと、2D6で12が出ても撃破できないため、側面か背面を撃たなければならない。

     そのためには起動チェックで 2D6 9以上出さないといけない。

       カール守備隊は3両あるので数的優勢 +1 川エリア修正 -1 その結果 2D6 で 9 以上。

     島田愛里寿の起動能力が +2 数的優勢 0 川エリア修正 -1 その結果 2D6 で 8 以上。

     

     愛里寿の移動分が一回かかる不利があるが、8以上の確率にかける。  

     カチューシャに殺到する島田中隊。

     しかしこの移動一回分の時間ロスが……

     

     どんぐり小隊二度目射撃!!(うりゃああああああ)

     

     賽の目 9

     

     見事にカールを撃破!! ※やはり9以上でもカール守備隊で撃つべきであったか……

     

     カチューシャ大活躍により大洗女子学園チームの勝利!

    ※おまけ 最後の臨機射撃にてカチューシャのIS-2は行動不能にw

     

    ※どんぐり小隊の攻撃が不発という想定外の出来事だったので以下のように自己流にルールを解釈しました。

      ・どんぐり小隊は解除を行うと宣言するまではどんぐり小隊として機能する。

      ・2回目以降もカールに対しての攻撃時、どんぐり小隊の全火力を合算する。

      ・2回目以降もカール攻撃後、カール守備隊による臨機射撃を受ける。

     

     

     ということで、キャンペンゲームの前半戦『丘陵地帯」は大洗女子学園チームの勝利で終わりました。

     

     大洗チームはかなりの損害を喰らったので遊園地戦は大丈夫なのかと心配しましたが、修理判定の結果大半の車両が修理に成功しました。小隊長・中隊長もすべて復帰。

     修理不能で戦線離脱したのは、B1 bis、P Tiger、89式、T34/85(2両)の計5両のみ。

     対する選抜チームは、ルミが復帰できず、M26も6両が修理不能の結果となりました。

     

     闘いの状況では大洗チームが壊滅していたのに、結果として選抜チームの損害が大きい事になりました。

     

     遊園地戦は後日プレイします。

     まだ戦っていません。

     どんな展開になるのか楽しみです。

     

    ※ルール間違いがあったけど、大洗チームが勝った事もあり、問題なしとして後半戦へ進みます。

     

    後半戦 遊園地跡 リプレイ

    http://s-replay.neko-esp.com/?eid=2

     

     


    コメント
    記事を楽しく拝見致しました。
    私も敵ユニットのいるエリアから敵ユニットの居ないエリアに何の制約も無く動けるのは特に遊園地の後半戦では決着がつかなくなると考えていたのでなんらかの制約は必要と思います。因みに私は移動する折に小隊で一番行動力の低い戦車を基準として小隊ごとにその行動力以内のサイの目を出さないと移動できないという追加ルールを考えております。
    • 2017/03/20 2:52 AM
    銀さま
    記事を読んでくださりありがとうございます。
    敵ユニットが居るエリアからの移動は、やっぱり問題ありますよね。

    >移動する折に小隊で一番行動力の低い戦車を基準として小隊ごとにその行動力以内のサイの目を出さないと移動できない

    わたしの追加ルールの様に攻撃は受けないけれど、移動出来るとは限らないというものですね。行動力2の車輌がいる小隊は、移動するか留まるか思案のしどころですね。
     次の機会には、そのルールも試してみます。
    • 杉乃葵
    • 2017/03/20 10:22 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 『ぱんつぁー・ふぉー2』をプレイしてみた!(リプレイ)
      杉乃葵
    • 『ぱんつぁー・ふぉー2』をプレイしてみた!(リプレイ)

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:4 最後に更新した日:2017/05/05

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM